l 顔から血管が浮き出る原因!皮膚の赤みは消えますか?

顔の毛細血管を拡張させないケア







トップページ » 顔から血管が浮き出る原因!皮膚の赤みは消えますか?

顔から血管が浮き出る症状の予防・対策

血管が浮き出る毛細血管拡張症

顔に赤みが出る原因は色々ありますが、多くは毛細血管が浮き出る、もしくは透けることによって起こります。

 

皮膚の外側から2層目にある真皮には多数の毛細血管が集まります。血流量が増えることで血液が渋滞を起こして血流が滞り、肌の外から透けて見えるようになります。

 

このような状態が毛細血管拡張症といいます。顔の赤みを引き起こす原因の中で最も多いものです。はっきりした原因は分かっていませんが、まず考えられるのが自律神経の乱れです。

 

この自律神経とは何なのかというと、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために24時間働き続けている神経です。

 

日中活動している時活発になるのが交感神経、安静時や夜に活発になるのが副交感神経です。この2つのバランスが崩れると体に様々な不調を及ぼします。

 

自律神経のバランスが崩れる原因

人間関係、仕事の悩みの精神的ストレスや音、光、温度なども肉体的ストレスなども原因の一つとして考えられます。夜寝る前にパソコンやスマホを使用するのは控えましょう。

 

アルコールやコーヒー、辛いものは好きですか? アルコールや香辛料など刺激物を多量に摂取したとき、これらは血流を促進しながら停滞してしまうので顔が赤くなる原因になります。

 

自律神経を整えるには?

昼間など活動的な時に働くのが「交感神経」リラックス時は「副交感神経」が体を支配します。ですが過度なストレスがある時は「交感神経」が活発に働きすぎてしまいます。

 

ストレスをなくす

顔の血管が浮き出る「毛細血管拡張症は」自律神経の働きが不安定で、交感神経が緊張状態にある時に起こりやすいといわれています。

 

交感神経はストレスがある時に活発に働きます。ストレスをためないようにすることで、毛細血管拡張症を予防・改善することができます。自分なりの方法でストレスを上手に発散していきましょう。

 

刺激物・カフェイン摂取を控えめに

アルコール・香辛料・カフェインなどの刺激物を摂りすぎると、血流を促進しながら停滞するので顔が赤くなります。ちょっとした事ですがこれらの摂取はできるだけ控えましょう。

 

腸内環境を整える

腸内環境の悪化が関係しているという説もあります。便秘ぎみだと体内の腐敗物や有害ガスが血液から全身を巡り、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

腸内環境が良好の人の場合、日頃使用する化粧品の肌への浸透も良いです。乳酸菌・食物繊維などで腸内環境を整えるのも肌トラブルの予防になります。

 

寒暖差に気をつける

毛細血管には拡張や収縮することで、体温を一定に保つ役割があります。

 

しかし、気温差の激しい場所を行き来すると、拡張と収縮の切り替えがうまくできなくなります。そのため拡張したままになってしまうことがあります。

 

また寒い地方では血液が滞り毛細血管が拡張したままになりやすくなります。

 

顔の温度が下がり血行不良になることで肌のターンオーバー(生まれ変わり)が鈍くなり、肌への栄養不良、むくみ、乾燥、シワたるみなど困ることばかりです。

 

顔の冷えには要注意です。冬の外出時にはしっかりと防寒対策をし、夏の室内の冷房は控えめにします。顔も外出時には、マフラーやマスク、帽子で顔や頭の防寒対策をすることで老け顔の予防にもなります。

 

保湿重視のスキンケアを行う

皮膚が薄いと毛細血管が透けて見えやすく、赤ら顔になりやすいです。

 

化粧品も肌にピリピリするなど刺激がある場合は使用を中止する事や、使用する際も角質層を削り取ってしまわないようにやさしく肌にふれるようにしましょう。

 

優しく洗顔したり、低刺激の化粧品を使用する、保湿を徹底するなどして皮膚を薄くしないよう努めましょう。

 

あまり熱いお湯で洗顔すると乾燥しやすく毛細血管も切れやすくなります。とにかく保湿ケアを重視しましょう。

 

顔の毛細血管を消すにはどうすればいい?

顔の毛細血管が拡張し血液がたくさん集まった結果人の顔は赤くなります。顔の皮膚は薄く毛細血管を流れる血液を反映しやすい特徴があります。

 

しかし赤ら顔の場合毛細血管拡張が常に起こっている状態です。対策として最も有効なのは毛細血管を過度に拡張させないケアです。

 

美容外科では特殊なレーザーを照射し、血管自体を凝固させ血液が流れてこないような治療があります。しかし血管は再生力が強いものです。

 

塞がった血管の変わりに新たに血管を新生します。美容外科による赤ら顔治療は再発のリスクを承知した上で受ける必要があります。

 

白漢しろ彩には肌の赤みを抑える海洋エキスの他、和漢の成分も含まれています。ショウガ根、甘草などが毛細血管のうっ血を防ぎ血流を促します。

 

どんなに有効な成分でも肌に浸透しなければ効果は得られにくいものです。この白漢しろ彩は化粧水自体の構造が肌と同じラメラ構造です。そのため肌への親和性が高く深く浸透します。

 

白漢しろ彩はトラブルの多い肌、過敏な肌にも安心して使えるように刺激の少ない安全性の高い成分で作られています。

 

東邦大学医学部皮膚科でアトピーの方を対象に4ヶ月間行われた臨床試験では93%の方に刺激性、肌荒れがおこらないという 高い評価実績があります。

 

赤ら顔ケアが分からない、長年赤ら顔に悩んできた。そんな方におすすめのアイテムです。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由