l 顔の一部が赤くなる!赤みやかゆみの原因と対処はどうする?

顔の一部が赤くなる時の対処法







トップページ » 顔の一部が赤くなる!赤みやかゆみの原因と対処はどうする?

顔の赤みやかゆみの原因

炎症が引き起こす顔の皮膚炎

 

「顔の一部が赤くなってしまった」このような症状に悩んでいませんか? もはやこの赤みは赤ら顔ではなく、炎症が引き起こす顔の皮膚炎の可能性があります。

 

脂漏性皮膚炎と酒さ

顔の肌に赤みやかゆみが生じるケースで病院に受診すると脂漏性皮膚炎といわれたり、酒さと言われたり診断が分かれることがあるため、戸惑う人もいるようです。

 

実のところどちらかの皮膚炎のときもありますが、両方という可能性もあります。酒さはしつこくて慢性的な皮膚炎です。脂漏性皮膚炎と併発している機会が見受けられるようです。

 

この2つの皮膚炎について見てみましょう。

 

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎とは皮脂が多く、分泌される部位に起こる皮膚炎です。生後2~3ヶ月頃に発症する乳児脂漏性湿疹というのもあります。ここでは大人の症状について解説しています。

 

おでこや鼻などの顔の中心部や頭にできやすく、他には耳や胸の谷間にもできます。皮脂か固まってできたフケのようなものが体にこびりつくのが特徴です。

 

フケのようなものは油性で白や黄色をしていますが、皮膚炎自体は赤くなっています。

 

脂漏性とマラセチア菌

脂漏性皮膚炎を発症すると、マラセチアという真菌が増えていることが分かってきました。症状を悪化させる根本理由の一つと考えられています。

 

マラセチア菌は体の健康な肌にも存在しています。脂質を糖分源として生きているのです。脂漏性の治療にはこのような真菌に対抗する抗真菌薬が効果抜群です。

 

併せて酒さについて記載していきましょう。

酒さとは?

赤ら顔が長い間続く酒さは、皮膚科医でも治療が懸念と言われている皮膚病です。赤みの症状は脂漏性皮膚炎と似ています。

 

額や眉間、頬や顎などにも見られ、ヒリヒリとした刺激を感じたり火照りがあるのが特徴にあります。

 

飲酒や寒暖差、紫外線などの影響で赤みやヒリヒリが悪化します。酒さが進行すると大人ニキビのようなブツブツができたり、鼻がボコボコする症状が出ることもあります。

 

酒さ対策には毎日のスキンケアであったり、生活習慣が非常に重要だと言われています。皮膚炎の予防には清潔、保湿、紫外線防止といった日々のケアが大切です。

 

日頃のスキンケアが間違っていると、かえってお肌のトラブルを招いてしまうかもしれません。たとえば、ちゃんと皮脂を落としていなかったり、水分よりも油分を過剰に補う保湿をしているとか。

 

それから髪の毛にダメージを与えないようにお湯だけで髪の毛を洗う「湯シャン」もトラブルの根本原因になりかねません。

 

自分の皮膚に合わない洗顔料、保湿剤、シャンプーなどを使用していることも考えられます。

 

顔の赤みやかゆみへの対処法

顔に赤みやかゆみが出るのは、炎症を起こしている証拠です。皮膚炎は他にもアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などもろもろな病気だったり個人の違いもあるため複雑です。

 

更年期障害や肝臓の病気などが要素であるタイミングも考えられます。初期段階ではステロイドの軟膏を塗るなど、自己流に対処しようとする方が多いかもしれません。

 

しかし自己流を繰り返すことで接触性皮膚炎であったり、酒さ様皮膚炎の影響になる事例もあります。顔に原因不明の赤みやかゆみの症状が現れて、治りそうになかったら皮膚科に受診することを推奨します。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由