l 顔の赤みを改善するスキンケア化粧品の5つのポイント

赤ら顔を治したいスキンケア基礎化粧品のポイント







トップページ » 顔の赤みを改善するスキンケア化粧品の5つのポイント

顔の赤みを改善する基礎化粧品

赤ら顔対策に取り入れたい成分・避けるべき成分

 

赤ら顔や顔の赤みに悩む多くの人は、少しでもその症状を目立たなくしたい、治したい、という思いのもとで、化粧品選びでも苦労することが多いですね。

 

赤ら顔の症状は切っても切れない関係と言えるのが敏感肌です。肌が乾燥気味では症状の悪化を招くばかりで、健やかな肌の維持とは程遠いものになります。

 

特に洗顔料や化粧水、乳液や美容液といったスキンケア基礎化粧品ともなると、毎日のことなので肌や体質に合う合わないは、深刻な問題です。

 

赤ら顔を改善したい、治したいという場合、どのような基礎化粧品の選び方が正しいのでしょうか? 赤ら顔を治したいスキンケア基礎化粧品のポイントをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

赤ら顔で悩んでいる多くの方は、次のようなタイプです。

乾燥肌、敏感肌、脂漏性皮膚炎、毛細血管拡張症、酒さ

 

対応する化粧品選びには次の5つのポイントがあります。
①保湿効果が高く肌に潤いを与えられる(セラミド配合化粧品)
②ビタミンC誘導体配合
③低刺激で炎症を悪化させないこと(肌の刺激になる成分に注意)
④炎症を抑える抗炎症成分配合
⑤使い続けられる価格かどうか検討する

保湿効果が高く肌に潤いを与えられる

まずいちばん重要なのは、保湿効果が高く潤いを与えられることが必要になってきます。赤ら顔になるのは、乾燥していたりバリア機能が低下していることが、原因になっていることが多いからです。

 

これらを改善するために、保湿効果の高い化粧品を選びましょう。保湿成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。特にセラミド配合化粧水はおすすめです。

 

セラミドは肌の潤いを保つための主成分です。敏感肌はセラミドが足りずに乾燥しているので、高保湿のセラミドを化粧品で補うとケアしやすくなります。

 

すべての赤ら顔ケアの効果を最大限に発揮するために、セラミドが配合された基礎化粧品の使用をおすすめします。

 

ビタミンC誘導体配合

皮膚の炎症による赤ら顔や顔の赤みをさえるのに効果があるのが、ビタミンC誘導体配合化粧品です。赤ら顔や顔の赤みなどの改善、様々な肌のトラブルにも効果を発揮します。

 

その効能はメラニン色素の沈着を防止したり、シミ・ソバカスの高いケア効果、コラーゲン生成や鉄分の吸収を高めるサポートする役割があります。

 

特に肌荒れ、ニキビ、脂などが原因となった赤みとともに、肌が熱を持っているような炎症を起こしているような場合はおすすめです。炎症を抑える働き以外にも皮脂を抑制したり、毛穴を引き締めるなどのの効果も期待できます。

 

ビタミンC誘導体は、化粧水に配合されているものの方が、肌への吸収は良いとされています。

 

肌の刺激になる成分に注意

赤ら顔になると皮膚が薄くなり外部刺激に弱くなっていることが多いので、できる限り刺激の少ない化粧水を選ぶようにします。

 

アルコール(表記名はエタノール)の配合量が多いと、必要な水分まで奪ってしまいます。また香料(精油、植物油の名前、油)、ハーブや花の天然香料が複数入っていると、刺激になることがあります。

 

炎症を抑える抗炎症成分が配合されている

赤ら顔は外部刺激によって肌が炎症を起こして赤くなっている事が多いので、抗炎症成分の化粧品を選んで炎症を鎮めましょう。炎症が静まれば赤ら顔が治ることが多いです。

 

抗炎症成分はグリチルリチン酸ジカリウム、アラントインなどがあります。血管収縮効果もあるので、毛細血管拡張症による赤ら顔を抑えることが期待できます。

 

使い続けられる価格かどうか検討

むやみに化粧品を変えることは、肌への負担を大きくしてしまいます。価格や肌質との相性などを検討し、無理なく続けられる化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

赤ら顔に効果的な食品のまとめ

ビタミンCが豊富な食品

赤ら顔にも有効なビタミンCを豊富に含む食品には、野菜ではパセリやゴーヤ、ブロッコリーカリフラワー、赤、黄ピーマンなどがあります。

 

果物ではイチゴやパパイヤ、キウイ、レモンなどです。中でもアセロラは、ジュースでも手軽に豊富にビタミンCを摂取できます。

 

ナイアシン、コラーゲン

赤ら顔改善に必要な血行を良好にしたり、頭痛や冷え性の改善に役立つのがナイアシンです。皮膚や神経を健康に保つ働きを持つ栄養素として知られています。

 

ナイアシンの含有量が多い食品として、たらこ、まぐろ、明太子、カツオ、鶏ささみ、胸肉などがあります。

 

皮膚を健やかに保つことに欠かせない成分がコラーゲンです。コラーゲンは人の全身の皮膚組織の水分を除いた部分の7割も占めていると言われています。

 

動物の骨や皮などに多く含まれ、含有量が多い食品はフカヒレ、牛すじ、軟骨、手羽先、鶏皮、あんこう、うなぎなどがあります。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由