l 男性が赤ら顔になる原因と化粧品で皮膚の赤みを治す方法

男性の赤ら顔対策化粧品







トップページ » 男性が赤ら顔になる原因と化粧品で皮膚の赤みを治す方法

男性に多い赤ら顔の治し方

男性が赤ら顔になる原因

 

男性は素肌で毎日を過ごすので、肌の色むらや赤みが気になっていませんか?

 

頬や鼻、顎などが赤くなるのは女性に多く見られる症状ですが、最近は赤ら顔の男性が増えています。頬に赤みがあるだけで清潔感や第一印象も下がってしまいます。

 

女性はメイクで隠したり出来ますが、男性はなかなかそうはいきません。一般的に男性の肌は女性よりは分厚いので、健康的な肌であれば赤みは出にくいはずです。

 

赤ら顔は男女問わずに起こります。男性に多い赤ら顔の原因はあります。まずは原因を突き止めましょう。

 

男性が赤ら顔になる原因

健康的な皮膚の薄さは約2mmです。間違ったスキンケアや食生活の乱れで毛細血管が傷つき、炎症が慢性化すると赤ら顔になってしまいます。

 

過剰な洗顔やピーリングなどで皮膚が薄くなり、神経が表面に出て敏感になり赤みやアトピーを発症する人も多いです。

 

ビニール肌

 

皮膚の外側に角質がはがれることで、肌のキメが乱れた状態がビニール肌です。外部の刺激に弱いので少しの刺激で炎症を起こします。

 

ピーリングのし過ぎで角質を落としすぎたり、ゴシゴシ擦って洗顔することが原因です。

 

皮膚が薄い

 

間違ったケアで皮膚が薄くなってしまうことも、赤ら顔の原因の1つです。薄くなった皮膚の状態で紫外線に当たることで毛細血管が傷つき、炎症が頻繁に起こることも考えられます。

 

頬や鼻の周りの赤みが気になる場合、皮膚が薄くなって毛細血管が透けていることが原因に挙げられます。皮膚の表皮や角質の奥にあたる真皮には、いくつもの毛細血管が集まっています。

 

毛細血管は皮膚の表面からは見えませんが、皮膚の表皮が薄くなると毛細血管が透けて見えるため、赤ら顔になってしまいます。皮膚が薄いのが頬や鼻の部分で、色白の男性だとより赤みが目立つようです。

 

食生活の乱れ

 

摂取している脂の質が悪いと分泌される皮脂の質も悪くなり、肌トラブルを多く抱えてしまうことに…。食事によって体内に取りこまれる脂は、そのまま皮脂に変わります。

 

分泌される皮脂には炎症を促す作用を保つ成分、肌を保護する成分に分けられます。コンビニ弁当などの酸化した油ばかり摂取していると、炎症を促す皮脂が分泌されてしまいます。

 

また辛いものやお酒を飲んで顔が赤くなったり、気温や温度差によって顔が赤くなることも赤ら顔と言えます。男性の赤ら顔の治し方は女性と同じです。自分の赤ら顔の原因を突き止めて解消することです。

 

作用と品質は実証済みの化粧品がおすすめ!

肌も喉と同じように乾燥すると赤く炎症を起こしやすくなります。皮脂を取るだけでは乾燥による赤みが出やすいので、化粧水を使って水分補給をしましょう。

 

様々な赤ら顔の症状に対応しているローションが、赤ら顔専用化粧水の「白漢しろ彩」です。

 

血管の血液により引き起こされる赤ら顔には海洋性エキス、漢方にも配合されている生薬のショウガエキス、甘草、茯苓(ブクリョウ)、センキュウの成分がカバーします。

 

皮膚の炎症により引き起こされる赤ら顔にはビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの成分でカバーされています。自然由来の成分が多く、どんな肌質にも合いやすいように作られています。

 

海洋性エキスはプランクトンエキスとも呼ばれ、美容でおなじみのクロレラ、ユーグレナの仲間です。シワの化粧品や引き締め効果のあるマッサージクリームにも配合されています。

 

毛細血管の拡張を正常な状態に戻す効果も科学的に報告されており、血管の血液で引き起こされる赤ら顔には非常に効果が高い、自然由来成分です。

 

 

白漢しろ彩の使用感は少しとろみがあります。ヒリヒリしたり刺激を感じたりすることもなく、敏感肌に優しい使い心地です。肌はしっかり保湿されます。

 

赤ら顔の原因となる血管の拡張を鎮めてくれるとともに、肌に潤いを与えてくれます。特に冬は乾燥肌や敏感肌にとって過酷な季節です。しろ彩は赤ら顔になりやすい方に好評の人気商品です。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由