l 頬の血管が透けて赤くなるのを防ぐ方法

毛細血管拡張症の治し方







トップページ » 頬の血管が透けて赤くなるのを防ぐ方法

頬が赤くなる原因

敏感肌や乾燥肌に多い赤ら顔は毎日のケアで改善できます

 

「頬の血管が透けて赤い」「毛細血管が透けて全体的に赤く見える」

 

このようなことで悩んでいたら、その正体は赤ら顔です。赤ら顔になりやすい特徴としては、敏感肌や乾燥肌の人です。

 

血管が浮き出た状態を「毛細血管拡張症」といい、何らかの原因で毛細血管が広がった状態のままになることで、血流が増加します。

 

そうなると逆に血流が滞ってしまい、肌の上で透けて見えてしまいます。特に頬や鼻などに症状が現れやすいです。

 

スポンサーリンク

 

つまり表皮が薄いため、うっ血して血流が滞る状態が目立ちやすいということです。毛細血管の赤色が一般的な赤ら顔の原因です。

 

血流が良いから赤ら顔になると思っていたらそれは間違いです。赤ら顔は血液が正常に流れずに滞るため、その部分だけ赤くなります。

 

毛細血管拡張症の似た症状に酒さ、敏感肌、クモ状血管腫があります。

 

酒さ

酒さは毛細血管拡張症のひとつで、鼻の頭から両頬にかけて毛細血管が広がり、赤くなってしまう症状です。症状によって第1度から第3度に分けられます。

 

第1度酒さ 毛細血管の拡張で顔がほてって赤くなるのを「紅斑性酒さ」といいます。

 

第2度酒さ 第1度の症状に合わせてニキビのような小さは吹き出物がたくさんできるのを「酒さ性ざ瘡」といいます。

 

第3度酒さ 鼻の頭が盛り上がりコブ状になるのを「鼻瘤」といいます。

 

敏感肌

少しの刺激にも反応し、炎症、かゆみ、ヒリヒリしたりする肌の状態です。人の肌は角質層の水分バランスで守られていますが、何らかの理由で水分量が低下し、刺激を受けやすい状態のことを言います。

 

これに伴い角質層が薄くなることで、毛細血管が透けて赤く見えてしまうことがあります。

 

敏感肌になる原因は、もともと角質層の水分保持量が少ない人、アレルギー体質、肌の擦り過ぎによる炎症、合わない化粧品などが挙げられます。

 

クモ状血管腫

拡張した血管を中心に毛細血管がクモの足状に見えます。肝硬変患者や経口避妊薬を使用している女性にできやすいです。

血管拡張を改善する注目の成分

毛細血管拡張症をケアする上で必要なことは、皮膚を薄くしないことです。肌は様々な刺激でダメージを受け、薄くなってしまいます。

 

刺激を与えないように毎日のスキンケアでは次のことに気をつけましょう。たっぷり潤いを補給するために、どんな化粧水を使用するかはとても重要なことです。

 

同じコスメを使うなら、潤いを補給しつつ毛細血管拡張症のケア成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

血管拡張を改善する注目の成分としては、プランクトンエキスがおすすめです。海洋性エキスと呼ばれることもある成分です。

 

海の中に生息する微生物由来のエキスで、血管拡張を改善してくれる働きがあります。実際に短期間で赤みが軽減したという実験データもあり、赤ら顔のケアにはとても相性の良い成分です。

 

なかでも「白漢しろ彩」はおすすめです。毛細血管の拡張による赤ら顔を専門的にケア、改善するために開発されました。

 

実際に利用者の中には、10日で赤ら顔を軽減した人もいます。アルコールや香料などを一切使用していない無添加処方で、敏感肌の人にも安心して使えるよう、皮膚科医がチェックしています。

 

レーザー治療や病院に通うことを考えると、断然お得でコストパフォーマンスが高いのも魅力です。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由