l ステロイド副作用の救世主!赤ら顔化粧水・白漢しろ彩

ステロイドの副作用に皮膚の菲薄化、毛細血管拡張があります







トップページ » ステロイド副作用の救世主!赤ら顔化粧水・白漢しろ彩

ステロイドは使い方を誤ると副作用が出ます

白漢しろ彩は毛細血管拡張にアプローチします

 

ステロイド外用剤は、長い間悪者扱いにされてきました。ステロイドと聞くと、何となくマイナスなイメージがあるかもしれません。

 

しかし、局所のアレルギー反応を強力に押さえ込んでくれる、とても頼もしい見方なのです。医療用のステロイドの多くは、私達の体内で作られている副腎皮質ホルモンを元に作られた薬です。

 

これは、抗炎症作用、血管収縮作用、免疫抑制作用など多様な作用を持ち、生体維持に欠かせないホルモンです。

 

ただ他の使い方を誤ってしまうと諸刃の剣となる可能性があり、その副作用もしっかり理解する必要があります。

 

スポンサーリンク

ステロイド外用剤の強さについて

ステロイド外用剤は、体の部位によって吸収率に違いがあります。通常は、身体より下に使う薬は中くらいの強さの薬となり、少し炎症の強い湿疹では、やや強いものを使うことが多くなります。

 

最強クラスは非常に強いため副作用も出やすく、非常に炎症の強い湿疹に限っては、期間を限定して使うべきです。

 

注意点としては、顔面では血流が良いのでステロイドの吸収性が高くなることです。

 

そのため通常は、弱いクラスのステロイドを使います。よほど湿疹がひどい時には短期間で強いタイプを使います。

 

ステロイド外用剤の主な作用と副作用

ガサガサする炎症の強い湿疹では、ステロイド外用剤は必須の薬です。湿疹やアトピー性皮膚炎における皮膚の炎症を十分に沈静化し、有効性と安全性が科学的に立証されています。

 

ステロイド外用剤は、局所のアレルギー症状を強力に抑え込むことが大事な作用であり、湿疹治療に対して非常に有効です。皮膚表面の炎症を抑えるだけで、血中に入っていく量はごくわずかです。

 

飲み薬のように全身に影響を及ぼすような副作用はまず起こりませんが、顔に塗る場合は注意すべき副作用が二つあります。

 

皮膚の菲薄化

外用剤で副作用が出るのは、顔などの皮膚が薄い部位です。これは長期にわたって強いランクのステロイドを使用した場合です。

 

ステロイドはアレルギーを抑える代わりに、皮膚の細胞再生も押さえてしまう働きがあります。

 

適切な強さ、量を使用目的の範囲内で使っていれば問題ないのですが、必要以上に強いものを長期に使っていると、皮膚細胞の増殖が抑制されて薄くなってきます。

 

皮膚の菲薄化は、特に強いステロイドを長期間連続的に塗った場合に現れやすくなるとされ、皮膚の表面に細かいしわが生じるようになった場合は特に注意が必要です。

 

これらの症状は顔面では頬、体では胸部、肘、指先などで生じやすいです。長期にステロイドを使う場合にはこれらの部位に着目し、副作用が出ていないかチェックすると良いでしょう。

 

毛細血管拡張、酒さ様症状

ステロイド外用剤の表皮の細胞の増殖を抑える作用により、血管も浮き上がってきて赤く見えるようになります。このように、真皮の血管が浮き出る状態になる場合があります。

 

通常、顔などの皮膚の薄い場所には作用が比較的弱めのステロイド外用剤を用いるため、この副作用が起こることは稀とされます。

 

しかし、長期にわたり不適切にステロイド外用剤が使用された場合などにおいて起こる可能性が高くなります。

 

安全なステロイド外用剤の使用量は?

問題点は、薬の能書きや日本皮膚科学会でステロイドの安全な使用範囲、使用量に対する決まりが明確に決められていないことです。

 

実際にどれくらいの量で皮膚の菲薄化が起こるかは、個人差があるため明らかな基準がはっきりと決めにくいのかもしれません。

 

ステロイドのよくある誤解

よくある誤解として、ステロイドを使ったから色素沈着したというのがあります。色素沈着は炎症が治まったあとや、けがや火傷が治った後にほぼ確実に起こる現象です。

 

これを炎症後色素沈着といいますが、けがや火傷が深いものであればあるほど、炎症の起きていた期間が長ければ長いほど、それに比例して色素沈着も濃くなるし、治りにくいものになります。

 

ステロイドをずっと塗っていたせいで、色素沈着した跡が残っているという人がいるようですが、そもそもそこにずっと炎症があったからステロイドを塗っていたわけです。

 

「炎症が長期間にわたって持続的にあって治りが悪かった」そのせいで色素沈着が強く濃く残ってしまったわけです。

 

もしそこにステロイドを塗っていなかったとしても、色素沈着は確実に起こっていたはずです。つまり、色素沈着の原因は炎症であり、実はステロイドが悪さしてるわけではないんです。

 

毛細血管拡張にアプローチする化粧水
そこで普段のスキンケアで使う化粧水を赤ら顔専用のものにすることは非常に有効です。

 

赤ら顔の原因である毛細血管拡張に、ピンポイントでアプローチする美容成分が含まれた化粧水にしましょう。

 

特に白漢しろ彩はおすすめの化粧水です。赤ら顔を専門的にケアし、改善するために開発されたものです。

 

毛細差血管の拡張に高い効果を発揮するプランクトンエキス(海洋性エキス)がたっぷり配合され、肌の内側から頬、鼻、顎の赤みが軽減していきます。

 

アルコールや香料などを一切使用していない無添加で、皮膚科医も厳しくチェックしているので、敏感肌の人にも安心して使うことができます。

 

金額的に考えても、レーザー治療や病院へ通うことを考えると、断然オトクな価格で少量でも染み渡るので、コストパフォーマンスが高いと評判です。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由