l 尋常性乾癬の原因とすぐにできる日常生活の注意点

尋常性乾癬とはどんな病気なのか?







トップページ » 尋常性乾癬の原因とすぐにできる日常生活の注意点

尋常性乾癬の原因

尋常性乾癬になりやすい人、症状の現れ方

 

尋常性乾癬とはどんな病気なのでしょうか?

 

乾癬とは皮膚が赤くなって盛り上がり、表面に雲母のような白い垢が付着し、その一部がポロポロと剥がれ落ちる病気です。周りの人にうつる病気ではありません。

 

尋常性とは「普通の、ありふれた」という意味です。つまり、普通の乾癬という意味で、乾癬の中でも一番患者が多い病気です。

 

欧米白人では有病率が3%と高いですが、日本では有病率が0.1%前後で、10万人以上の患者がいると推定されています。

 

また戦後は右肩上がりに増加傾向にあります。男女比は2対1で男性に多く、主に30代~40代に発病します。女性では10代と50代の発病が多いといわれています。

 

スポンサーリンク

尋常性乾癬の症状の現れ方

一つ一つの発疹はニキビのような赤いブツブツで始まり、だんだん周りに拡大するとともに、厚い垢を持つようになります。ある時を境に良くなって消失するという事を繰り返します。

 

乾癬はケブネル現象といって、擦ったり傷ついたりしたところに、数日してから新しい発疹が出てくることがあります。

 

したがって体の中でよく擦れる部位であるひじやひざ、頭などから発疹が出てきたり、あるいは湿疹がひどい傾向にあります。

 

このように、良くなったり悪くなったりを、年度に渡って繰り返す経過の長い病気です。

 

爪が白く厚ぼったくなり、爪水虫と間違われる場合もあります。何かのきっかけで急に悪化する場合は、膿胞性乾癬や関節症性乾癬のように、重症型になることがあります。

 

尋常性乾癬の原因は何か?

乾癬の起こる原因は、いまだにはっきりとしていません。血縁の家族に乾癬が見られる場合があり、体質が発病に関係しているようです。

 

しかし日本の調査では、家族内に乾癬の人がいる場合は5%と多くはありません。

 

乾癬が起きやすい体質に、扁桃腺炎などの感染症、薬物、外傷などの外敵因子、肝臓病や糖尿病、ストレスなどの内的因子が複雑に絡み合うことで、発病したり悪化したりすると考えられています。

 

戦後に増えた病気であり、元々欧米人に多い病気であることから、食事の西洋化が関係しているのではないかと推測されています。

 

すぐに実践できる日常生活の注意点

皮膚に刺激を与えないようにする

皮膚に刺激を極力与えないようにゆったりとした形状で、綿や絹などの素材でできた洋服を選ぶようにします。

 

痒みが強くなったとしても、なるべくかくのを避けて、爪をこまめに切るようにしましょう。

 

バランスの良い食生活

極端に食事管理をする必要はありませんが、栄養バランスの良い食事をすることが大切です。

 

肉類や脂肪分の多い高カロリーなどの食事や辛い料理は、乾癬の症状を悪化させたり、かゆみを強めたりすることがあります。肉よりも魚を取るようにし、あっさりとした食事が理想的です。

 

季節の過ごし方

乾癬の治療法として紫外線療法があるように、日光に当たることで症状が軽減されるため、夏は適度に日焼けをすることが望ましいです。

 

しかし、急な日焼けはかえって痒みが悪化することがあるので、気をつけましょう。

 

空気が乾燥する冬は肌の乾燥から症状が悪化しやすいので、こまめに保湿をするように心がけましょう。

 

お風呂の入り方

皮膚を清潔に保つためにも、毎日入浴することが望ましいです。ただしお湯の温度が熱すぎると皮膚の乾燥を招くので、ぬるま湯で短時間の入浴が向いています。

 

症状が出ている箇所は石鹸をよくあわ立てて、ゴシゴシと擦り過ぎないようにします。

 

他の病気と乾癬の関係

乾癬になりやすい傾向があるのは、糖尿病や高血圧症、痛風などの生活習慣病、リュウマチや腎炎、肝炎、虫歯や歯周病による感染症などを患っている人です。

 

また、風邪や扁桃腺炎などの感染症は、症状を悪化させる原因になります。

 

高血圧治療薬、抗生物質、消炎鎮痛剤なども乾癬を発症することもあります。万が一発症してしまった場合は安静にして、悪化させないようにしましょう。

 

喫煙、飲酒、ストレスは乾癬に良くない?

喫煙や飲酒が乾癬に直接悪影響を及ぼすというデータはありません。しかし、喫煙によって喉を痛めると風邪をひきやすくなるし、風邪にかかると乾癬がひどくなってしまいます。

 

また、飲酒によって体温が上がると、乾癬による痒みが増してしまうことがあります。

 

ストレスは、乾癬の悪化要因の一つとなります。ストレスを感じたら、なるべく早く解消するようにし、我慢しすぎないように過ごすとともに、熱中できる趣味を持つのがおすすめです。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由