l 合成界面活性剤の危険性!影響大なのは肌の洗浄

界面活性剤は本当に危険なのでしょうか?







トップページ » 合成界面活性剤の危険性!影響大なのは肌の洗浄

肌荒れしない洗浄の仕方

合成界面活性剤の危険性について

アレルギー、アトピー、肝機能障害など、合成界面活性剤の危険性や毒性については、書籍やネットでもかなり怖い話が語られています。

 

たとえば、合成界面活性剤は皮脂を溶かす作用、タンパク質を変性させる作用があるので、小じわの原因になりシミや皮膚障害を引き恐れがあるなど…。

 

もはや怖すぎて、もしかして都市伝説では?なんて疑ってしまいそうな情報もあります。

 

とりあえず合成界面活性剤は、そこまで怖いのかはともかく、きっと叩かれるには、それなりの理由があるはずです。そもそも界面活性剤は何なのでしょうか?

 

界面活性剤とは?

水と油は元々分離します。分離する面の接触面が界面です。コップと水でも界面(境界面)があり、その境界面を融和する材料が界面活性剤です。灰も界面活性剤だし、石鹸も界面活性剤です。

 

界面活性剤とは、本来は混じり合わない水と油を乳化させて混ぜ合わせる作用で、水にも油にも馴染み浸透する作用です。それを化学物質で作ったものが、合成界面活性剤というものになります。

 

界面活性剤にはざっとこんな働きがあり、その働きが化粧品に応用されているわけです。

 

そんな中でよく知られているのが、まずは洗浄剤としての働きです。これは油を乳化・溶解させ、本来は撥水して水で洗い流せない油を洗い流しています。

 

他にも乳液やリキッドファンデーションなど、水と油を混ぜて作るアイテムの乳化剤、安定剤として使用されることもあります。

 

更には水にも油にも馴染む作用を利用して、肌にスーッと馴染むような感触改良材として使用されたりしています。

 

科学物質を多用した製品の怖さ

「界面活性=混ざらないもの」を混ざるように融和させるという過程では、ある境界を破ることになります。

 

例えるなら国境突破です。それが肌の上で行われれば、肌を守るための皮質が減ります。

 

減るだけなら良いですが、国境突破された上に、破壊力を増したものに積極攻撃されたらどうなるでしょうか。

 

実は科学合成の界面活性剤のみならず、シャンプーなどにはその他の化学物質が何十種類も含まれているものがあります。成分ラベルを比べてみれば分かります。

 

肌の皮質は外界の異物を体内に入れないような、保護の役割があります。

 

それを取るだけなら良いですが、その他に含まれる、ありとあらゆる科学物質が、皮脂が取られた無防備な皮膚表面に取ると同時に、体内に入り込んでくることになります。これが化学物質を多用した製品の怖いところです。

 

洗顔料やシャンプーは要注意

 

化粧品に配合された合成界面活性剤は、まずは肌の最も外側の保護膜である皮脂膜を乳化、溶解させながら、肌に馴染み浸透していきます。

 

これは洗浄剤や乳化剤でも、安定剤や感触改良剤でも変わりません。

 

角質層の細胞間脂質が吸着している水分の層も、難なく浸透していきます。そして細胞間脂質にたどり着いた合成界面活性剤は、今度は細胞間脂質を乳化・溶解させてしまいます。

 

肌はこのように、油分の層と水分の層を交互に配置することで、油分の層で水分の侵入を防ぎ、水分と油分の侵入を防ぐという防御機構を持っています。

 

そして油分にも水分にも侵入できる物質はほとんど存在しません。

 

合成界面活性剤を使用した洗顔料などは、高い洗浄力を持つ一方で、肌が持つバリア機能を破壊してしまうのです。バリアが破壊されたところから体内へと吸収されます。

 

クレンジング剤を使うコツ

 

肌に与える影響が大なのは肌の洗浄です。つまりくっつく強さです。乳液やクリームのように乳化剤として使用されている場合、くっつく能力は使い果たしているため、肌に影響を与えることはありません。

 

注目すべきはメイク落としや洗顔料の能力です。皮脂を洗い流し、さらに肌表面の角質層をも洗い流していくことにあります。

 

必要以上に皮脂や角質が洗い流されたら、バリアが壊されてしまいます。

 

生活の中で合成界面活性剤が切り離せない事が多いので、できるだけ使用時間を短くすることです。例えばクレンジングなどは1分以内で終わらせることを目標にしましょう。

 

こうすることで肌のバリアが破壊される前に終わることができ、化粧を落とした上、肌のバリアも守ることができます。

 

5分クレンジングを続けてしまうと、肌のバリアは破壊されてしまうといわれています。

 

1分だと短いようですが肌のバリアを守ると思えば、決して無理な時間ではないと思います。また同時にしっかりと洗い流すことも心がけて下さいね。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由