l アトピー性皮膚炎に漢方薬は効果があるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎に効く漢方薬







トップページ » アトピー性皮膚炎に漢方薬は効果があるのでしょうか?

アトピーは完治できますか?

アトピー性皮膚炎に漢方薬は効果があるのでしょうか?

 

アトピーは子供から大人まで、多くの日本人が悩まされている皮膚の病気で、アレルギー性疾患の代表と言えるものです。

 

皮膚炎の症状が一般的ですが、喘息や花粉症など症状は多彩で、複数の疾患が組み合わさってしまうケースがあります。

 

皮膚科での治療は一時的に症状を抑えることはできますが、アトピーを完全に治すことは難しいのが現状です。

 

アトピーによる皮膚の炎症を良くするためには、自分の体の弱いところやバランスの崩れたところの調整をする漢方を使うことが必要になってきます。

 

自分に合ったものが見つかれば、漢方は効果を発揮するといえます。

 

スポンサーリンク

漢方を取り入れるにはどうすればいい?

漢方の考えではアトピーは全身的な体質です。体調の弱いところだけが原因で、皮膚にも症状が出るということです。

 

だから皮膚症状だけを改善するお薬を使用しても、十分な効果が得られない事が多いのです。もちろん、身体に水分が多くて分泌物が流れるような皮膚症状の方は治ります。

 

漢方の世界では、アトピーは体のアンバランスが表面に現れただけと考えます。そのためアトピーを治すより、そのもとにある体の不調を調整するのです。

 

皮膚だけを見るのではなく、熱か冷えか循環不良か、どこが不調なのか様々な症状から処方を考えます。

 

例えば免疫系が弱くて皮膚症状が出ている場合、免疫の弱い原因が胃腸にある方は、胃腸の状態を改善する漢方薬を使います。

 

このように、漢方は体の状態を見て判断しますので、医師の経験が大きく物を言います。体質の見立てがしっかりしたところに行き、漢方を選んでもらうのが一番です。

 

アトピーに効く漢方

漢方といってもいろいろな種類があります。塗る漢方では紫雲膏(しうんこう)が漢方系のオロナインです。カサカサ乾燥していて掻き壊しが出ている状態に効きます。ただし赤紫のクリームは衣服に色がついてしまうため、注意が必要です。

 

「太乙膏(たいつこう)」は、炎症を抑えて血行を改善します。じゅくじゅくした場合にも使用できます。慢性化したアトピーでステロイドの使用量を減らしたい場合、処方されることがあります。

 

「中黄膏(ちゅうおうこう)」は、体全体に熱感があり、赤みや痒みが強いときに使用されます。患部を冷やす効果があり、かゆみの緩和にもつながります。

 

内服の漢方では、「黄連解毒剤」「小柴胡湯」「白虎加人参湯」などが処方されます。

 

漢方を取り入れるのに注意点が2つあります。まず即効性がないこと、そして体質に合うものを見つけるのが難しいことです。

 

注意点1―即効性がない

漢方は効くのが時間がかかり、長く飲むものと言われています。アトピーの症状がひどい時はステロイドを短期間だけ頼るのも良いでしょう。

 

漢方の注意点として、即効性がないことが挙げられます。ステロイドのように飲んだからと言って、翌日改善するのは期待できません。

 

そのせいで1~2ヶ月飲んだだけで諦めてしまう方が多いので、漢方は効かないと言われる原因になっているかもしれません。

 

注意点2―体質に合うものを見つけるのがとても大変

エビデンスに乏しいので、どれがどの程度効くかということは一概に言えないのが実情です。かなり漢方に精通している先生でないと、漢方の治療は難しいといえます。

 

病院の口コミを調べてから伺うのが良いでしょう。基本的に漢方は劇的な効き目をもたらしてくれるわけではないので、長く続けなくてはなりません。

 

また調整を続けなければ、またもとに戻ってしまうので、最低でも1年は飲み続けることを覚悟する必要があります。

 

アトピーは体の中を改善しなくてはいけないので、体内に溜まっている毒素を出すのに長い期間が必要なのです。

 

まとめ
アトピー性皮膚炎に漢方薬は即効性がありません。しかし自分に合ったものが見つかれば調整を続けることで、効果を発揮するといえます。

 

漢方薬だけでなく、食事や生活習慣などをトータルで見直すことも重要です。免疫力を上げたり自律神経のバランスを整える形で体質改善をしていくことです。そうすればアトピーは治る可能性があります。

 

赤ら顔を解消する化粧品の選び方

 

 

 

白漢 しろ彩が口コミで人気の理由